お麩を使った料理

お麩を使った料理


お麩の歴史

お麩の歴史

生麩麩の歴史は古く、大和朝廷時代に遡り僧が中国より伝えたといわれています。
「麩善」の創業はやく一八〇年前の文政年間。以来、高野山唯一の生麩屋として大切にされてきました。
高野山の宿坊の精進料理に欠かせない素材の麩を、今も昔も変わらず作り続けてきた麩善。百年前には奥の院への御用麩を献上していたという記録が残っているほどです。


高野山の生麩の詳細へ
お麩を美味しく頂くために

生麩を美味しく頂くために

汁物 汁物

−汁物の具として−

1cm位に切り、煮すぎないように温めてお召し上がり下さい。

揚物 揚物

−生麩の揚げ物−

長いまま色がつく程度に油で揚げ適当な大きさに切田楽味噌をつけてお召し上がり下さい。

すき焼き すき焼き

−味がしみるすき焼き−

材料が煮立った頃1cm位に切った麩を入れ、味がしみたら出来上がりです。季節の生麩で彩をお楽しみ下さい。

鍋物 鍋物

−あったかい鍋物に−

材料が煮えた頃、1cm位に切った麩を入れてふくらんできたらお召し上がり下さい。



高野山のお土産は麩善のお麩トップページ生麩のまんじゅう 笹巻あんぷ高野山の麩善の生麩
高野山の紹介お店の紹介お麩を使った料理ショッピングカートお問い合わせ
プライバシーポリシーサイトマップ